2017年7月13日木曜日

研修「個別支援計画から現場での支援を考える」に参加して

 <児童発達支援 放課後等デイサービス ハルモニア 草加>

  ◆ホームページ開設しました!  URL ⇒ http://jp-harmonia.com/


こんにちは。
スタッフの後藤です。

先日、草加市障害児通所支援事業所連絡協議会主催の
2回研修会(指導員対象)に参加してきました。

参加人数は約80名近くでした。

初めに草加市相談支援専門員の方から
「指導員としての基本的な心構え」の講義がありました。

自閉症スペクトラム障害の子供たちの生きている世界、どんな気持ちで日々過ごしているのかをいくつかの疑似体験を交えながら確認していきました。
 
次に、先月、児童発達支援管理責任者対象に行われた研修で作成された
A君(自閉症スパクラム障害)の個別支援計画を基にどんな支援が必要か
各グループに分かれ議論しました。

事業所の垣根を越え、皆さんが経験してきた事や今までに勉強してきたことを出し合い
支援の向上を目指す意見交換を行いました。
最後はグループごとに発表があり、どれも新しい意見が出され大変勉強になりました。


今回の研修を受けて、「自閉症だからこういう支援だろう」のマニュアル対応ではなく、
その子供の障害面から支援を考える事が大切だと感じました。

 その子供に対して理解しやすい働きかけが、子供の“安心感”につながります。
「支援員は黒子となる」という言葉は発見でした。
分かり易い支援、より少ない支援で「一人で出来た!」経験を積み、達成感に気付いてもらうように支援員も努力が必要です。

ハルモニアでも「一人で出来た」を体験し、安心して過ごして帰る事が、家に帰った時の子供の安心感、満足感となり家族の安心感へと繋がると思いました。

「自閉症は人に興味がないのでは無く、表現が出しづらいのでは」とお話しがあり、
益々適切な支援の必要性を求められていると感じました。

今回研修してきた事をハルモニアスタッフとも共有し、日々学んでいきたいと思います。




 
------------------------------------------------------------
児童発達支援 個別療育 音楽療法
ハルモニア
〒340-0015
埼玉県草加市高砂1-9-3
TEL 048-951-1191
E-mail info@jp-harmonia.com
受付時間 平日9:00-18:00、土日8:00-17:00
発達の遅れ 言葉の遅れ ご相談ください。
---------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿